進路について
善隣の進学指導の特徴
・定期的な個人面談で、それぞれの学生に合った進路と勉強法を提案します
・名門大学出身の日本語教師や修士号を持ちの教員が試験直前の対策でいろいろなサポートします。
・人気大手進学塾のノウハウを生かした進路指導を行います。
注意:
日本語学校での学習のために最長2年間のビザがもらえます。2年間を超えて日本語学校にいることはできません。その後は進学または就職しなければなりません。
進学の試験について以下に簡単に説明します。細かい条件や就学年数などは進学先によって違うので、さらに詳しい情報は、日本の学校紹介サイト(http://www.jpss.jp/en/)などをご覧ください。自分に合った進学先を見つけるためには日本語をしっかり学習することとともに、進学先学校の情報を事前に探しておく必要があります。
大 学
4年制(医学部、獣医学部、薬学部は6年制)
大学を卒業したら、学士号をもらう。社会の中では知識階級として認識される。入学が難しい有名大学から、簡単な小さい大学までいろいろある。 書類審査: 日本留学試験(EJU)の点数(大学によっては不要の場合もある) 志望理由書、履歴書や各種証明書 日本語学校の出席率(出席率が高いと推薦入学できる大学もある)
入学試験
一年2-3回考试
・筆記試験(日本語や小論文。理科系では数学等も。)
・面接
大学院
大学院修士課程 2年制
大学を卒業した後、研究者として学ぶ。修士論文が合格したら、修士号をもらう。修士号を持っていると研究者としての道が開ける。  書類審査:  ・研究計画書(いちばん重要)  ・大学の卒業論文(いらない大学院もある)  ・志望理由書、履歴書や各種証明書
入学試験
・専門分野筆記試験
・専門分野面接試験
研究生(科目履修生)
大学院に合格する力はまだない者が、大学院に合格するまでの間、研究生という名前で仮に大学院に在籍して力をつける。そのまま大学院に合格できずに帰国する学生も多いので要注意。
日本語学校の留学ビザは最長の2年間です。さらに日本に滞在して勉強を続けるためには、必ずどこかの学校に進学しなければなりません。どこにも合格しなかった場合、帰国することになります。 日本の学校は一般的に4月入学ですので、その半年前、つまり、10月には大学や専門学校の試験が始まります。それまでに、受験する学校を決めておかなければなりませんし、十分な日本語力も身につけていなければなりません。
注意:
通常研究生期间的主要任务为:
1.自学语言,提高日语能力
2.自学相关专业知识
3.参加研究会(seminar)等学术活动为升学成为院生做准备。
4.尽量保持与教授的良好沟通
由于日本教育体制中规定外国留学生不可以在海外直接考取正式院生,所以必须经过预科生阶段来日后再择校报考。
専門学校及び短期大学
短期大学:2年制 専門学校:1~3年制
短期大学数が少ない。女子大学が多い。卒業したら準学士号をもらう。書類審査: 志望理由書、履歴書や各種証明書 日本語学校の出席率(出席率が高いと推薦入学で入学できる大学もある)
入学試験
・筆記試験(日本語や小論文)
・面接
専門学校就職に役立つさまざまな分野の職業訓練を受けることができる。卒業したら専門士の称号をもらう。書類審査: 志望理由書、履歴書や各種証明書 日本語学校の出席率(80%以上ないと難しい。)
入学試験
・筆記試験(日本語や小論文)
・面接
TEL:03-6279-3542 FAX: 03-6279-3543
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-22-1ペガサスビル
Pegasus-bldg,3-22-1, Takadanobaba, Shinjuku-ku, Tokyo
国际善邻学院INTERNATIONAL ZENRIN ACADEMY